ぶらり旅のブログ

広島と諏訪と島根をこよなく愛する。 それとマツダコネクト。 いろんな所にいって、いろんなことをやってみようと思う。 主に旅の思い出を記事にしていますが、Twitterでの思いつきなども記事にまとめています。

マツダ

日常の呟きはこちら→https://twitter.com/khonda_sdk

マツダ車のコーディングでできること

みんカラを徘徊していると、偶然発見しました。

日本仕様で可能なコーディングまとめ(GF-AP429氏のページ)

dd
上記の通りだそうです。
色々とできるものなんですねぇ。
私はこの手の知識は、一切持ち合わせていないのでさっぱりです。
中々便利そうなものもありますね。
私が気になったのはヘッドライトタイマーですかね?

第151回マツダ株主総会についての感想

アクセラと行く!西日本旅行 3日目[マツダ本社編]でのマツダ株主総会の詳細について記載します。
場所はマツダ本社内マツダ講堂で行われました。
内容については、マツダ公式ホームページ内の資料をご覧ください。
http://www.mazda.com/ja/investors/stockinfo/meeting/

次に質疑応答についてです。続きを読む

外国のmazda6(アテンザ)もかっこいい

ベトナムマツダのmazda6(アテンザ)のマフラーは少し特徴的です。

mazda-6-moi-otoxemay-dantri3-1484147516423
正確にはオプション品らしいですが、ビルドインマフラーです。
こちらの方が、高級感が溢れて個人的には好きですね。
まるで、レ〇サスみたいです。
海外のマツダは、色々とこういった特徴を出そうと努力しているのがみえて楽しいですね。

もしもデミオが6.5世代にモデルチェンジしたら?

デミオの改良
ちょっと空いた時間があったので、暇つぶしに作ってみました。
現行デミオを最近のマツダが好んでいる水平基調と6.5世代の魂動デザインを合成してみました。
素材は以下の通り。
・2代目CX-5のシグネチャーウイング
・アクセラのフォグランプ
さらに、最近のマツダ車はヘッドランプは細目が多いので、CX-5の太さのまま。
どうでしょうか、コンパクトカーとは思えない重厚感が出ていますね。
ただ、ちょっとフロントヘビーというかなんというか、重いですね。
なので、ちょっとヘッドランプを大きくしてみましょう。
70
ちょっと、現行デミオに近づきましたね。
これはこれで、なかなか整ったデザインではないでしょうか。
意外にもデミオでも6.5世代は似合うもんなんですね・・・・。
それだけ、マツダ車のでデザインが統一されているんですね。
こんなコンパクトカーが出たら、買い替えちゃうかもしれません・・・!

マツダフォントについて

キャプチャ
マツダはフォントにも拘っています。
巷で有名な自社制作のマツダフォントですね。
まずは一番有名な「MAZDAフォント」です。
キャプチャ2
 車名などに使われていますね。
このフォントはRやBの真ん中の付け根が湾曲しているのがこだわりらしいですよ。
キャプチャ3
他にも最近のマツダの公式ホームページでよく使用されている「Interstate」というフォント。
こちらは、マツダオリジナルではないみたいですが、CMなどでも所々で使用されています。
シンプルながらもおしゃれなフォントですね。

他にも
article
 魂動フォントというらしいです。
マツダは本当に色々と拘りますねぇ。
魂動フォント、欲しいなぁ。 

マツダ アクセラ 自動ドアロックモード解除

IMG_5576 (編集済み)
海外のマツダ車に標準装備されている自動ドアロックモードの解除を行ってもらいました。
この機能は、マツダコネクトを弄っても解除されない機能なので、素人には手が出ないカスタマイズでした。
しかし、偶然にもTwitterで知り合った方が親切にもやって頂けることに。
実際の作業を見てると、とても簡単そうにやっているんですが、中身を覗くとすごいすごい・・・。
色々と勉強になりました!
さっそく動作検証です。
Twitterであげた動作検証動画です。
シフトとドア部分を同時に映したかったんですが、なかなかうまくいかずこのような構図になりました。
この動画のドアロックモードは「ロック/アンロック:シフト連動」です。
Pレンジでドアロック解除、P以外のシフトでドアロックという仕組みになっています。
他にも「ロック:車速、アンロック:電源」もあり、こちらは、時速20kmでドアロックを行い、電源OFFでアンロックされます。
私は、シフト連動モードが一番使いやすいですね。
車速も使いやすいんですが、アンロックの電源がちょっと使いづらい。
アンロックがシフト連動だと嬉しかったんですが、私の初期型アクセラには対応していないみたいです。
それ以降やアテンザなどでは、できるみたいですけどね。
あと、この解除はアクセラ、アテンザ、CX-5でしか行えないそうです。
デミオ、CX-3、ロードスターはできないとのこと。
デミオでできると、より高級感が増し販売増につながるとおもうんですけどねー。
全席オートパワーウインドウなどの細かい機能は、マツダの構造改革ステージ2で行っていくんですかね?
そのために取っておいたとしか思えません。
今後に期待ですね。
IMG_5577
 最後に、作業を行っていただいたUehiroさんありがとうございました。
感謝です。
中期型アテンザもなめまわすように見させてもらい、大変満足です。
 

マツダ車の価格比較グラフ(安全装備標準化対応版)

マツダ車を購入している方に見て頂きたいグラフです。
私も購入する時に作っておけばよかったなぁと思います。
こうやってグラフにしてみるとどのグレードが一番お得かわかりやすいですね。
キャプチャ
 ディーゼルとガソリンで分けました。
それぞれ見て頂けるとわかるんですが、Lパッケージ(通称Lパケ)はどの車種もかなりお得です。
アテンザだけは価格差が大きいですが、相武内容を見ると納得するでしょう。
なんたってテンコ盛りです。
また、新型CX-5のお買い得感がよくわかります。
デミオも安全装備標準化で微妙に値上げしましたが、まぁ自動ブレーキが付いてこの値段ならって感じですかね。
CX-3も2.0Lガソリンエンジンが日本に投入予定との噂です。
アクセラとCXー5の間当たりになるでしょうかね?

マツダ 2017年3月期 決算説明会の資料をみて

キャプチャ


マツダ公式ページ 2017年3月期決算説明会資料
http://www.mazda.com/ja/investors/library/presentation/#pre2017

本日28日に発表されました。
業績に関しては、各メディアやニュースなどで取り上げているので割愛します。
ここでは、今後の展望についてみていきましょう。
上記URLにあるプレゼンテーション資料をみてみると、以下のスライドがあります。
キャプチャ
構造改革ステージ2での、具体的な政策ですね。
・2017年後半に北米にクリーンディーゼル投入
・日本にCX-3にガソリンモデル追加
・2.5Tの搭載車種拡大
・CX-8の販売
いままで報道されてきましたが、改めてマツダから正式に発表されました。
私個人的には2.5Tがどの車種に投入してくるのかが気になりますね。
CX-5かCX-8、もしくは大穴でアテンザなんてありえそうな気がします。
やっぱりCX系だと思うんですよねー。
あと、CX-3はやはり2.0Lなんですかね?
気になります。
キャプチャ2
こちらのスライドで気になるのは、販売店舗報奨制度の変更ですね。
次世代店舗拡大の為にさらなるルールを追加していくんですかね。
従来の店舗の人達も、戸惑うでしょう・・・。
キャプチャ3
本社工場と防府工場もフル稼働ですね。
現在、CX-5の生産がかなり遅れているみたいです。
ここからさらに、CX-8など増えていきますから、十分投資してほしいですね。
メキシコ工場がどうなるかは不安ですが・・・。
キャプチャ4
次世代技術コミュニケーション。
2017年秋にスカイアクティブ次世代ガソリンエンジン技術と魂動デザインの次世代VISIONを公表。
これは、非常に気になりますね!
魂動デザインの次世代かぁ、さらにかっこよくなってしまうんでしょうか。
また、マイルドHEVやバッテリーEV(レンジエクステンダー)も気になります。
最近、北米で特許取得したという噂もありますね。
クリーンディーゼルだけでなく、EV分野でも他社と違った道をいくマツダは良いですね~。
また、マツダの自動運転技術「CO-PILOTコンセプト」。
COPILOTとは副操縦手、運転助手などの意味です。
マツダらしい人間中心の考え方ですね。
こちらも2020年あたりには公表されるみたいなのです非常に楽しみです!
ただ、マツダコネクトについては何一つ記述がないのが悲しいですね。
第7世代発表時には、マツダコネクトの今後についても触れてもらえると嬉しいです。


マツダ 新型3列シートSUV「CX-8」を発表!

キャプチャ
マツダが4月28日にCX-5の派生形モデルの「CX-8」を発表しました。
新世代商品として初めて3列シート採用がされました。
詳細のスペックはまだ公表されていませんが、一部解禁されました。
20170428_01a

 新型CX-5と比べてCX-8は、全長が355mm長くなり、全高は40mm高くなっています。
幅は変更に無しですね。
唯一公表された内装ですが、CX-5をベースに2列目が独立シートになっています。
なかなか高級志向ですね。
3列目の座り心地も気になります。
海外で発売されているCX-9では狭すぎると酷評されていました・・・。
年内発売との事ですが、噂では5月に販社向けの勉強会があるとか。
また、新型CX-5の売れ行きもかなり好調のようで、マツダ公式ページでは以下のような案内が掲示されています。
キャプチャ
CX-5は、私も欲しい車です。
これからのマツダがますます楽しみになってきますね!

マツダ CX-5の盗難の手口

youtubeでCX-5の盗難の手口について実演をしている動画を発見しました。
これはみてみるとなかなか面白いですね。
 
https://www.youtube.com/watch?v=tr9JHInlqoY  

行っている内容はよくわかりませんが、実際に盗難はできてしまうようですね。
それでも、なかなか手順がしんどそうなので、難易度は高そうです。
それにしても、このシリーズはレクサスなどのトヨタ車が恒例でしたら、ついにマツダ編が登場するとは・・・。
盗難には気を付けたいですね。 
記事検索
お問合せ
お問合せはTwitterのメッセージでお願いします。