ぶらり旅のブログ

広島と諏訪と島根をこよなく愛する。 それとマツダコネクト。 いろんな所にいって、いろんなことをやってみようと思う。 主に旅の思い出を記事にしていますが、Twitterでの思いつきなども記事にまとめています。

ディズニー

日常の呟きはこちら→https://twitter.com/khonda_sdk

一人でホテルミラコスタ宿泊

IMG_0759_1024
ディズニー好きの方。、ホテルミラコスタに一人で泊まってみたい方。
そんな方々の参考になればと思い、記事を書こうと思います。

ホテルミラコスタとは?(ディズニー公式ホームページ
ホテルミラコスタに宿泊すると以下の記念品をいただけます。
DSC008a31
左から、
・ディズニーリゾートラインフリーパス
・アンケート用紙(回答後オリジナル壁紙をもらえます)
・ミラコスタカードキー入れ
・ミラコスタカードキー
以上の4点をもらえます。
真ん中の下段はディズニー年間パスポートです。紛らわしいですね・・・。
カードキーはお部屋に入るときに使用し、宿泊後は記念品として持ち帰れるのには、驚きです。
さすが、ディズニー。
また、チェックイン時には、このような紙をもらえます。
img10
img12
閉園時の様子が見られるのがミラコスタも魅力の一つです。
シーの園内に軽自動車などが入ってくる光景は必見です。
また、早朝からショーの練習をやっています。
ディズニーは眠らない。
BlogPaint
今回私が宿泊した部屋の場所はこちら。
メディテレーニアンハーバー内のシーエントランス付近です。
園内を見えれる位置ではありますが、くぼんでいるためにあまり景色はよくありませんでした。
IMG_0758_1024
IMG_0759_1024
ホテルミラコスタのエントランスの様子。
ものすごく凝った作りで、どこか外国に来た雰囲気を味わえます。
この日も多くの宿泊客がチェックインしていました。
私もその列に並び、チェックインしました。
ボーイさんが荷物を持ってくださり、部屋まで案内してくれたんですが、男二人でエレベーター移動中はちょっと気まずかったですね。
ちなみにエレベーターの声の主は、ミッキーさんでしたハハッ!
IMG_0757_1024
部屋までの廊下。
基本的に廊下には窓はありません。なるべく部屋に窓をつけるためでしょう。
DSC_0304
今回私が宿泊した部屋はこちら。
利用客室タイプ:ポルト・パラディーゾ・サイド スーペリアルーム ピアッツァビュー(禁煙)
一人で止まるのにもったいない広さです!
DSC_0305
ベットはなかなか寝心地がいいです!
IMG_0773_1024
DSC_0306
IMG_0775_1024
部屋に飾られている絵もシーにちなんだ絵が飾られています。
DSC_0307
テレビも大きく、一人で宿泊するのを慰めてくれます!
テレビ下の引き出しには、様々なアメニティが入っています。
全て、オリジナルアメニティでお持ち帰り可能です。
二人分のアメニティがあったので、一人分はお持ち帰りしました。
DSC_0308
部屋の奥には机と窓。
この窓から、園内を見渡せます。
窓際に設置してある灯が、夜に園内から見るとまたいい印象です。
DSC_0309
ハーバーが少しだけみえます!
やはりちょっとみずらい・・・・。
窓は写真よりももう少しだけ開きます。
人が落ちないように、窓はほとんどあかない仕組みになっています。
DSC_0319
DSC_0288
DSC_0287
IMG_0756_1024
窓から見える風景を撮影。
このときは、ショーがもうすぐ始まるということで、人がたくさん集まっています。
ショーはこの部屋からだと、正直あまり見えませんでした・・・。
しかし、ショーを見ている人々を観察することができると、ゆっくり座って雰囲気を味わえるのは最高でした。
DSC_0311
ちなみに、夜のパレードです。
窓からおもっきりカメラだけ、出して撮影。
これが限界でした。
ショーの全容は視認できませんが、ゆっくりできるの最高!
DSC_0298
続いては洗面所及びお風呂。
DSC_0301
DSC_0303
DSC_0302
ユニットバスではなく、ちゃんとしたお風呂があります。
非常にゆったりした空間で、豪華です。
一人だと寂しさ倍増!
ポットも常備されており、いつでもお茶やコーヒーを飲むことができます。

泊まってみての感想。
一人で宿泊して、ランドとシーを楽しみめます。
もう、これでもかってくらい堪能できます。
一人が恥ずかしいと思っていても、ホテルの従業員やキャストの方々は優しく接してくれるのでまったく問題ありません。
自分の羞恥心との勝負です。
贅沢したい!思いっきりディズニーを楽しみたい!って方はすぐにでもやってみるといいでしょう。
意外と簡単にできますよ。
ただ、宿泊できる部屋は最低でも二人で泊まる空間です。
一人ですとかなり広い部屋ですが、逆に言うとリッチな気分を味わえます。
チェックイン時にボーイさんが部屋内で一通りの園内説明してくれます。
その時、男二人がディズニートークに花を咲かせるのはなかなかシュールでした。
(ボーイさんは非常に丁寧に接してくれました!!ありがとう)
また、お風呂に入った後、全裸でベットの所へ行くと危険です。
窓は地面まであるタイプですので、すべてをさらけ出してしまいます。
向かいに宿泊している人も簡単に視認できてしまうので、私は慌ててバスタオルを巻きました。
逆に、誰が泊まって部屋で何してるのかが簡単にわかってしまうので、アレな時は、カーテンなどでプライバシーを守ることを意識したほうが良いかもしれませんね!
売店はエントランスにあり、カップ麺や飲み物が売っています。
生活必需品も一通り売っているので、安心です。
ディズニーでそのような必需品が購入したい場合は、ミラコスタに立ち寄るの得策かもしれません。
ホテルとしてはなかなか豪華で高級です。
サービスもかなり良いですね。
ディズニー好きの方は一度は泊まってみることをお勧めします。
アーリーインのサービスも付きますので、お勧めです。
今度は、誰かと来たいです!
img8
ちなみに、領収書です。
たかい!

他の旅行はこちら→一人旅の記事まとめ 

一人ディズニーシー② 〜旅行当日〜《思い出話》

一人ディズニーシー①はこちら→http://k-hon.blog.jp/archives/3692330.html

ノリと勢いで計画をたてた【ディズニー1人旅行】
最初はヒャッホーという感じだったが、日が近づくとちょっと怖くなってきた。
チェックイン1人とかだと笑われるとか1人だとすぐ飽きて帰りたくなるかな?とか。
くだらない自問自答をしながら、計画を立てながら仕事してた。

ディズニーを攻略するには、

・回る順番
・何に乗りたいor見たいか
・ファストパス and シングルライダー

この3つがすごく大事になってくると自分では思っている。
私は、ディズニーの何が好きかと言うと、「アトラクション」と「作り込み」である。
単純にアトラクションは乗って楽しいから好きだが、作り込みは大人になってから感心した。
なので、私がディズニーに行く時は、いかに自分の好きなアトラクションに乗れるかを考える。
ディズニーには、「ファストパス」「シングルライダー」という制度がある。
この二つを組み合わせると、意外と思い通りのアトラクションに乗れる。

ファストパスとは?
アトラクションに乗りたい!でも待ち時間を有効に使いたいというあなたには、ディズニー・ファストパス®がオススメです。

使い方はカンタン。まず利用するアトラクションの入り口付近にあるファストパス発券機にパークチケットを差し込んで「ファストパス・チケット」を受け取ります。チケットには指定時間が明記されているので、その時間内に戻ってくると、いつもより少ない待ち時間でアトラクションを楽しめます。


これを駆使しないことには多くのアトラクションには乗れないですね。
特に人気アトラクションは必須です。

シングルライダーとは?
1人でご利用になる方は、空席に優先的にご案内いたします。

こちらは1人で行った時に非常に便利です。
対応しているアトラクションが非常に少ないですが・・・。
私の場合、1人で来たら大体シングルライダー対応のアトラクションばかり乗りますね。
ちなみに対応しているアトラクションは…
ディズニーランドでは、スプラッシュマウンテン。
ディズニーシーでは、インディージョーンズ、レイジングスピリッツ。
少ないですが、ハズレのないアトラクションばかりです。

このシステムを駆使すれば、一人でも十分楽しめます!


そんなこんなで、旅行当日。
朝早く行こうかと思ったが、どうせ2日間あるのでゆっくり行くと決めたので朝8時ごろ起床。
パスは以前購入した年間パスポートがあるから2日間、両パークへ好きな時間にいけるから安心。
京急と京葉線を乗り継いで舞浜へ。
ネットでちょくちょく調べてたら、「東京駅で京葉線乗るより有楽町で降りた方が料金的にお得」という情報を聞いていたため、有楽町から京葉線へ。
結構歩くかな?と思っていたが、意外と近く感じた。
むしろ、東京駅から歩くより近いと思った。

10時頃、舞浜到着。
夏休みということもあってなかなかの盛況ぶり。
しかし、入場制限はしていないので一安心。
まず、どうしようかと計画を立てることに。
ホテルミラコスタのチェックイン時間は16時。
噂では、かなりチェックインは混雑で時間がかかるらしいので早めに済ませたい。
ただ、かなり時間があるので先にアトラクションを楽しむことに。
最初はディズニーランドへ。
両パークをまたいで遊ぶなんてかなりゴージャスなんだ。

ディズニーランドに入場。
ランドはシーに比べるとちょっと古臭さが目立つ。
特に地面のひび割れは結構深刻じゃないのかな?と勝手に心配してる。
でも、しっかりと作りこまれていたりとなかなか楽しめる。
そんなこんなで最初に、人気アトラクションのファストパスを取得することに。
ランドで乗ったことのないアトラクション「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」を取得。
この時点で18時頃のファストパス。
やっぱ人気だなぁ。
むしろ。ファストパスが取れたことがラッキーだったのかもしれない。

次に向かったのは、ウエスタンランドにある「シューティング・ギャラリー」。
私個人的に非常におすすめなアトラクション。
ライド型のアトラクションではないものの、条件を満たせば景品がもらえるのがいい!
このアトラクションはコツをつかめば、驚くほど簡単に攻略可能。
ラッキーポイントも大体絞れてくるので、満点と同時に狙えます。
IMG_0844_1024
IMG_0845_1024
ど素人の私でも、簡単にバッチ集めができてしまいます。
「シューティング・ギャラリー」を楽しんだ後は、「ビックサンダーマウンテン」をのぞいてみることに。
さすがに混んでるだろうな~と思ったが、スタンバイが45分と意外と空いてる!
ここは行っとかないとと思い、スタンバイ列に並ぶ。
周りは、カップルや友達同士で楽しそうな所、男一人で待つのは辛い。
ひたすら、携帯を弄って耐え忍んでいました。
なんだかんだで、1時間くらい?かかり、乗車。
かなーり久々に乗りましたが、通常のジェットコースターと違い、上下運動が少なく、ひたすらカーブの連続。ちょっと酔いそうになりました。
しかし改めて乗ると、色んな所に動物がいたりと新たな発見があって楽しかった!
大人になってから来るとまた意外な一面が発見されるのは非常に面白いですね。

「ビックサンダーマウンテン」が終わり、次は「ホーンテッドマンション」へ。
スタンバイが60分くらいと表示があり、最初に取った「アストロブラスター」のファストパスからも時間がたっているため、
「ホーンテッドマンション」のファストチケットを取ることに。
発行したパスの時間をみてみるとなかなか早い時間に乗れる。これは助かるわ。
またまた時間が空いたので、シングルライダー対応してる「スプラッシュマウンテン」へ。
thumb_IMG_0809_1024
「スプラッシュマウンテン」はランドのアトラクションで一番好きなアトラクション。
シングルライダー対応だし、物語も面白いし動きも激しいからたまらん。
最後の歌も一緒に歌っちゃうくらい。
ディズニーでも少数な絶叫系だし、シングルライダー対応。
これは一人ディズニーだったら乗らなきゃ損です。

あとクリッターカントリー内にある「グランマ・サラのキッチン」が大のお気に入り。
ここの雰囲気は落ち着いており最高、さらに意外と席数が多く、座れる確率も高い。
販売している食べ物もがっつり系もあるので非常に便利です。
よく、仕事帰りの夜にふらっとディズニーに寄った時はここでゆっくりしてたなぁ。
年パスを購入したからこそできた芸当なんだけど(*_*;

クリッターカントリー内を色々物色していると、「ホーンテッドマンション」の時間になった。
さっそく、専用ゲートから入場。
ものすごく久しぶりに「ホーンテッドマンション」を体験。
小さい頃は、ストーリーもわけもわからずただ怖がっていたけど、ストーリーを調べて体験するとこれまた面白い。
初めの絵もちゃんと意味があったんですね。
一人でも十分に楽しめるアトラクションですね。

「ホーンテッドマンション」を乗り終え、お昼ご飯を食べたい。
何かないかなーと思って歩いていると、「ブルーバイユーレストラン」を発見。
「カリブの海賊」で最初に通る場所からみえるレストラン。
前々から気になっていて、いつか行ってみたいなと思っていた場所。
結構、人気のレストランでいつも行列ができてたりした。
今回はせっかくなんで、突撃してみますか!
混んでたらあきらめようと思い店員さんに聞いてみる。
そうすると、一人なら意外にも待ち時間なしで入店OK。
なんてラッキーなんだ・・。
IMG_0746_1024
ブルーバイユーとは青い入江という意味だそうで、所々青を基調にした薄暗い雰囲気のお店。
どこか異国の川沿いって感じ。
メニューを見ると、コースメニューと単品メニューがあった。
色々迷ったけど、今回は贅沢に行こうと決めたのでコースメニューを頼んでみることに。
なんのコースを頼んだから忘れてしまったけど、なかなかおいしかった記憶がある。
正直、あの雰囲気で一人で食べてるのが結構緊張してあまり覚えていない。
thumb_IMG_0747_1024
唯一残っている写真がこれ。
桃のデザートですね。
とっても甘くておいしかったです。
また、コースメニューを選択すると、飲み物はおかわり自由なのが良いですね。
ブルーバイユーで食事を堪能した後は、「カリブの海賊」に乗ってみることに。
ブルーバイユーとカリブの海賊は繋がっていますからね。
これは乗らなきゃ損です。
カリブの海賊はそこまで待機列はできないので気軽に乗れる素晴らしいアトラクションです。
最初の坂道が意外とスリリングだったり、終盤のヘイホーの歌は、大人が乗っても結構楽しめます。
同乗した団体さんの中に、車いすのおばあちゃんが乗っていました。
結構お年を召していまして、最初の下り坂大丈夫??とちょっと心配になりました。
結局、大丈夫だったみたいですけど。

次に、ファストパスを取っておいた「ホーンテッドマンション」へ向かいます。
いわゆるお化け屋敷なんですが、正直あまり怖くありません。
しかし、愉快なお化けやバックストーリーを調べてみるとものすごく楽しめるアトラクションです。
特におすすめなのは、期間限定の「ナイトメアクリスマス」です。
普段とは全く異なる「ホーンテッドマンション」を味わることができます。
今回は、ノーマルでしたが、久々に乗ったので興奮しました。
乗り物に乗った序盤のホラーチックな感じがたまりません。
ドアバンバンやられると結構怖いですね。
もちろん一人で乗っているので、若干寂しいですが、こういうのは楽しまないと損ですね。
じっくりと鑑賞することができました。
それにしても、キャストさんはおひとり様でも全く動じません。
本当に助かります。変に弄られたり、気を遣われると嫌な気分になってしまいますからね。
「ホーンテッドマンション」を楽しんだところで、

続きを書くか迷い中。。。
 

一人ディズニーシー①はこちら→http://k-hon.blog.jp/archives/3692330.html 

他の旅行はこちら→一人旅の記事まとめ 

一人ディズニーシー① 〜ミラコスタ宿泊に向けて〜《思い出話》

ふと、旅行の計画を立てていると思い出したので、せっかくだから記事にしてみる。
2年間にディズニーシーに1人で行った時のお話です。

一人ディズニーシー②はこちら→http://k-hon.blog.jp/archives/3713334.html


2014年6月頃。
突然、ディズニーにハマった。
理由は、よくわからないけど久々に行ったら、めちゃくちゃ楽しかったからかな?
その当時、お金は結構持っていたので年パス買ってがっつり行こうと計画していた。
 特に好きだったのが、ディズニーシー。
雰囲気も好きだし、アトラクションが自分好み。
アトラクションを全部制覇したいと考えていた。
それだったら、丸一日使って回れば楽しそうということで計画していくといつの間にか一泊ホテルに泊まっちゃえと考え始めた。
そこで、『ホテルミラコスタ』に宿泊しようと結論に至った。勢いは大事。
ホテルミラコスタといえば、シーの敷地内にある超人気ホテル。
 予約取れるかなぁなんて甘い考えでサイトを覗き込む。

どこもかしこも満室状態。 
やはり、ディズニーって人気あるな。恐るべし。
しかも、よく見てみると宿泊プランが基本的に2人1部屋。
私は、1人で宿泊しようと目論んでいたけど、大丈夫なのか?
ネットで色々と調べてみると、以外とお一人さまで泊まる人がいることが判明。
2人分の料金をちゃんと払えば、問題ないとのこと。
ちょっと贅沢だけどしょうがない。一緒に来てくれる相方がいないんだもん。
しかし、満室状態では泊まる以前の話なので、毎日サイトをチェックしてキャンセルがでるのを待つことに。

数日後…。
今日もどうせ出てないだろうなーと思いながら見てみると。
一部屋だけ空きがあった。
よっしゃ!と勢いで予約。

【予約内容】
ホテル:東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
部屋タイプ:ボルト・パラディーゾ・サイド・スーペリアルーム ピアッツァビュー(禁煙)
ベッドタイプ:ツイン
泊数:1泊
部屋数:1室
朝食:ベッラヴィスタ・ラウンジ
料金:¥72,000(税込)

¥72,000…!!!!
どこぞの高級ホテルに泊まれちゃう値段…。
勢いでいったのはいいけど、少し手が震えた。
まぁ、最初で最期の贅沢ということでやるぞっと思い、続行。
予約内容をよく確認してみると、部屋タイプに色々あるらしい。
この部屋はメディテレーニアンハーバー側にあり、なかなか良い場所っぽい。
しかも、結構上の階だから見晴らしが良さそうだ。
朝食は、ホテル内のレストランで食べられる。
ディズニーのホテルに泊まる特典として、パーク内にアーリーインできるのが非常に嬉しい。
通常の15分前に先行入場できるので乗りたいアトラクションに並ぶかファストパスを手に入れることができる。
シーで一番人気のトイストーリーマニアに乗るには、この特典はぜひともほしい。
10万近い出費をするんだから、楽しまなきゃ損。
ということで、色々と研究して楽しまなきゃ。
1人で園内を回るのは、体験済みだから恥ずかしさはもうほとんどない。
当日楽しもうと思い、ディズニーのことを色々調べながら時が過ぎるのを待った。


一人ディズニーシー②はこちら→http://k-hon.blog.jp/archives/3713334.html

 他の旅行はこちら→一人旅の記事まとめ
記事検索
お問合せ
お問合せはTwitterのメッセージでお願いします。