件名:インターネット上のMZD Connect セキュリティ脆弱性記事について
 

解説
2017年6月12日に、コンピュータを中心としたウェブサイトで、USBフラッシュドライブを使用してマツダ車をハックすることができるという記事が掲載されました。この記事では、USBを使用して不正なソフトウェアをインストールすることで、MZD Connect の設定をカスタマイズできるようにしています。 (下のリンクを参照)
 
Webサイト:You Can Hack Some Mazda Cars with a USB Flash Drive
[https://www.bleepingcomputer.com/news/security/you-can-hack-some-mazda-cars-with-a-usb-flash-drive/]
 
この記事では「ハッキング」という言葉が使用されていますが、カスタマイズは第三者によって遠隔で行うことはできません。また、カスタマイズはMZD Connect 以外の機能には影響しません。 (たとえば、運転機能は影響を受けません)。
 
マツダの対応とサポート
マツダは予期せぬ問題の可能性があるため、このようなカスタマイズはお勧めしません。
MZD Connectソフトウェアの最新バージョン(v59.00.502)には、このようなカスタマイズを許可しないための対策がグローバルに組み込まれています。 MZD Connectソフトウェアを最新のバージョンに更新すると、不正なソフトウェアによるカスタマイズが無効になった場合、マツダは責任を負いません。
 
顧客ケアの依頼
MZD Connectソフトウェアをアップデートする前に、不正なソフトウェアを使用して壁紙などをカスタマイズしている可能性があるため、トラブルを防ぐために以下の注意事項を確認してください。
 
アップデートの注意点
- MZD Connectが不正ソフトウェアを使用してカスタマイズされている場合、最新のバージョンにアップデートした後はカスタマイズが無効になります。
- MZD Connectソフトウェアを最新バージョンにアップデートした後、権限のないカスタマイズソフトウェアが動作しなくなります。
- MZD Connectソフトウェアの最新バージョンは古いバージョンにロールバックできません。
- マツダは、許可されていないカスタマイズはお勧めしません。マツダの保証ポリシーには、それに関連する問題は含まれません。


Q&A
お客様からのお問い合わせには、以下のQ&Aをご利用ください。
マツダ本社でもお客様からのお問い合わせにお答えします。
 
Q1:マツダはこのインターネット上での記事を認識していますか? 
A1:はい、認識しています。
マツダは予期せぬ問題の可能性があるため、MZD Connectの設定(壁紙、アイコンレイアウト、運転中のビデオ再生など)をカスタマイズするために、USBなどのデバイスから不正なソフトウェアをインストールすることはお勧めしません。最新バージョンのMZD Connectソフトウェアには、この記事で説明したカスタマイズを許可しないためのグローバルな修正が組み込まれています。
 
 
Q2:記事に「ハッキング」と書かれているので、第三者がリモートでカスタマイズを実行できるという懸念はありますか?
A2:いいえ、ありません。記事では「ハッキング」という言葉が使われていますが、カスタマイズは第三者から遠隔で行うことはできませんのでご安心ください。
 
 
Q3:リコールまたは積極的なサービス措置を実施しますか?
A3:これらのカスタマイズは、サードパーティによってリモートで実行することはできません。また、MZD Connectの限定された設定のみに影響を与える可能性があります。したがって、安全性の重大なリスクはありません。これらの理由から、マツダはリコールまたは積極的なサービス措置を実施しませんが、MZD Connectシステムを最新バージョンにアップデートしたいお客様は、マツダ認定修理業者で行うことができます。
 
(不正なカスタマイズを行った顧客から)
Q4:MZD Connectソフトウェアを最新のバージョン(Ver.59.00.502)にアップデートした後も、カスタマイズ(例:ビデオやカスタマイズされた壁紙の再生など)を使用できますか?
A4:いいえ、独自のカスタマイズを使用することはできません。予期しない問題が発生する可能性があるため、Mazdaは不正なソフトウェアのインストールを推奨していません。一方、マツダは安全性と安全性を備えた、脆弱性の低い最新バージョンのソフトウェアを使用することを推奨しています。権限のないソフトウェアに起因すると疑われる問題は、マツダの保証ポリシーの対象にはなりません。


マツダ株式会社テクニカルサービス部
テクニカルインフォメーションマネージャー


関連リンク:【マツダコネクト】マツダがAIOについて各国ディーラー向けに注意喚起