前回はこちら→アクセラと行く!西日本旅行 3日目②[呉・大和ミュージアム編]

6/29 7:15
起床。
コンフォートホテルさんは部屋がとても綺麗で快眠でした。
そして、恒例のシャワータイム。
さっぱりしたら、朝食です。
朝食会場はこじんまりしていますが、ここの朝食が美味しいっ!
呉は食べ物もおいしいですねぇ。
ついついたくさん食べてしまいます。
何故かワッフルがありました。
呉の名物なんですかね?
朝食を食べ終え、出発です。
次の目的地は、江田島にある「海上自衛隊 第一術科学校」です。
恥ずかしながら、術科学校の見学ができるとは知りませんでした。
なので、広島に行く機会ががあれば次は必ず行ってみたいと思っていた場所です。
校内見学は、受付:10:00、見学開始:10:30。
ホテルから学校まで車で約1時間かかるそうです。
kureeda
2日目のGoogle先生の件もあるので、ちょっと早めに出発しました。
アクセラを順調に走らせていくと、瀬戸内海と造船所が見えてきます。
呉は、アップダウンが激しく車を走らせていくと峠道を走っている感覚です。
また、映画「この世界の片隅に」に出てくるような景色がそのままです。
段々畑のような構造になっており、山!海!といった感じですね。
景色はいいんですけど、生活するには少し大変そう。
また、呉市街から江田島に行くには、大きな橋を2つこえていく必要があります。
どちらも大きな橋です。
呉は、大型船が行き来することもあるためか橋がものすごく高い位置にあるんですよね。
見ていて飽きません。
特に早瀬大橋は、とても高い!
oose
画像は、wikipediaから拝借。
運転が楽しすぎて、写真を撮るの忘れてました。
私は記録係としては不向きですね・・・。
急な坂道を登って橋を渡るんですけど、これまた楽しいです。
この橋を渡ると、江田島市です。
正直、何にもない所かなと思っていましたが、結構お店があるんですね。
それでも最低限のお店ですが・・・。
車を走らせると、自衛隊施設らしき建物が見えてきました。
IMG_6111 (3)
念願の「海上自衛隊第一術科学校・士官学校」です!
凄い広そう!
時刻は9時半。
受付時間にはまだ早いですが、とりあえず守衛さんに今日の見学はあるのかを聞きに行きました。
見学はあるそうですが、10時にならないと入ってはいけないそうです。
あわよくば、駐車場でと思ったのですが、そればっかりは仕方ありません。
守衛さんにお礼を言って、近くのファミリーマートで一服することに。
このファミマは、とても広くフードコートがある店舗で助かりました。
コーヒーで一息。
雨が降りそうな天気ですが、ぎりぎり持ちこたえている感じ。

10:00
続々と術科学校に入っていく人だかりが。
私も、アクセラとともに校内の駐車場へ。
守衛さんに見学の旨を話し、入場。
ドキドキします。
IMG_6112
駐車場に入ると、まさかのマツダ車コラボが実現できました。
富山からいらしていたロードスターとレンタカーのデミオです。
思わず、近くに止めてしまいました。
嬉しい。
車を駐車場に止めた後、正式に受付を行います。
その時の説明で、赤い建物で待っててくれとのこと。
さっそく、その赤い建物へ向かいます。
(守衛さんの広島弁がたまりませんでした、最高)
IMG_6114
校内図を発見。
それにしても広いですね。
校内に桟橋があるのも特徴的。
赤い建物というのは、どうやら「江田島クラブ」という建物のようです。
さっそく江田島クラブへ向かいます。
IMG_6115
これがその「江田島クラブ」です。
食堂、売店などが入っている厚生棟みたいな感じですね。
さっそく入ると、護衛艦「たちかぜ」がお出迎えしてくれました。
IMG_6119
自分の好きなものがこんなにたくさん飾られていると興奮します。
見学開始時間まで、この建物内で自由行動なので色々とブラブラしてみます。
IMG_6120 (2)
IMG_6121
2階部分に展示コーナーが常設されており、様々な海自の資料をみることができます。
IMG_6122
IMG_6123
IMG_6124 (7)
IMG_6126
IMG_6128
IMG_6132
IMG_6134
装備品から模型など、とても見ごたえのあるものばかりです。
IMG_6125 (3)
特にお気に入りがこの測距儀です。
実際に覗いてみることもできます。
IMG_6130 (4)
海上自衛隊主要部隊等所在地。
こうしてみると、横須賀の守備範囲は意外と広いんですね。
大湊が東北を管轄しているのかと思っていました。
舞鶴、佐世保、大湊は近隣諸国の件で大変そう・・・。
IMG_6131
海自の階級章。
Twitterでみかけた元女性隊員の漫画を見て以来、肩につけるのが一方通行にしかみえなくなりました。
気になる方はぜひ調べてみてください。
IMG_6206 (2)
海自のラッパ。
他の自衛隊と違い、海自のは2重巻なんでしたっけ?
伝統ですねぇ。
IMG_6203
ゆき型護衛艦の電気式操舵装置
実際に、操舵輪を回せます。
楽しい。
一人で、「おもーかーじ!」とか言って回してました。
IMG_6202 (2)
この椅子、凄く座り心地が良かったです。
IMG_6129 (2)
この資料室はセルフの来客者数カウンターが置いてありました。
ちゃんと1回押してきましたよ。
下の階に降りると、売店があります。
IMG_6135
この売店には、お土産の他に海自勤務の方々の必需品がたくさん販売されていました。
制服から靴、手袋、帽子etc...
ここで一式買えばあなたも自衛官に慣れるかもしれません。
私も手袋買っちゃおうかなと悩んでしまいました。
IMG_6201 (2)
悩んだ末に私は、呉氏のバッチ(150円)を購入。
個人的に呉氏はお気に入りです。
売店のお姉さんは、あまりに売れていないのか値段も忘れていました・・・。
呉氏・・・。
IMG_6136
他にも自販機が。
安い!
観光地を巡ってきた私からしたら、とても良心的ですね。
まぁここは学校内なので、当たり前っちゃ当たり前ですが。
ATMも常備されており、海自の方が普通に利用していて生活感が溢れております。
こういう雰囲気大好きです。

そんなこんなで、見学開始の時間。
案内してくれる人は、自衛隊のOBの方ですかな?
自衛隊などはこういう再就職先があるのが羨ましいですね。
まず初めに、術科学校の説明から。
私も初めて知ったんですけど、術科学校って4つもあるんですね。
呉、横須賀、千葉、舞鶴。
呉は武器系統、横須賀は機関系統、千葉は航空機系統、舞鶴は経理や調理など。
そんな風に分かれているみたいです。
千葉にあるのは知りませんでした。
勉強になります。
また、今回のコースは大講堂→教育参考館を見学します。
教育参考館が休館日の場合、戦艦陸奥の近くまで見学できるコースがあるみたいです。
あーそっちのコースも行きたい!!
陸奥の主砲内部行きたかったなぁ。
また来い、ということでしょうか。

そんなこんなで、術科学校見学に出発です。
IMG_6137 (2)
まず初めに説明されたのが、「古鷹山」。
頂上では瀬戸内海を一望できるそうです。
心身鍛錬のために、兵学校時代から生徒たちが登っていたそうです。
現在でも、自衛隊の方々も登っているとか。
伝統ですねぇ。(つらそう)
IMG_6138
そして次に「大講堂」
大正6年に兵学校生徒の入学式、卒業式また精神教育の場として建築されたそうです。
約2,000名の収納能力があるとか。
現在でも幹部候補生、第一術科学校生の入校式、卒業式等の儀式で使用されているそうです。
また、写真の入り口は天皇などの貴族専用らしく、一般人は近寄れないそう。
そんな入り口があるんですね。
IMG_6139
大講堂周辺の砂利はこのようになっています。
すごい・・・。
足を踏み入れるのを躊躇していると、説明のおじさんはズカズカと入っていきます。
いいのかな・・・?
小心者の私は、とりあえず避けて通ります。
IMG_6141 (2)
大講堂入口に向かう途中の写真です。
広いですねぇ。
遠くから、笛の音と掛け声が聞こえてきます。
IMG_6143
こちらが大講堂入口。
ちょうど、何かの行事が終わったみたく、構内を見学することができました。
IMG_6146
歴史を感じる建物です。
海外に来たみたいですね。
IMG_6158 (2)
扉の重厚感が半端じゃありません。
2017-06-29-10-52-09
中に入ると、とても広い空間が。
声が響く響く。
反響音がすごく、おじさんの説明が何言ってるかわかりません。
それにしても立派ですねぇ。
2017-06-29-10-48-13
二階にも閲覧席があるらしく、父兄さんたちがここから我が子の姿を眺めていたとか。
2017-06-29-10-46-32
2017-06-29-10-49-07
成績優秀者のみしか踏むことのできない赤絨毯だそうです。
錨のマークがカッコいい。
DSC02440
ここにも菊の御紋が。
image
iPhoneのパノラマ機能で大講堂内を撮影してみました。
その広さが分かると思います。
大講堂を見学し終えると前方に見えるのが、幹部候補生学校庁舎(通称:赤レンガ)
IMG_6157 (2)
明治26年に建築されたそうです。
元々、兵学校は東京築地にあったそうですが、夜の誘惑が多いとのことで移転。
その際には築地の兵学校生徒館の設計を手掛けたイギリス人が設計したんですって。
IMG_6162 (2)
こちらが正面玄関。
DSC02451
現在では、海上自衛隊のマークが飾られていますが、海軍時代は菊の御紋があったそうです。
IMG_6173 (2)
IMG_6174
このレンガ、イギリスから1つ1つ輸入した来た大変高価な代物だそうです。
大工の日当と同じだったとか。
これは恐ろしいものを建てたもんだ。
DSC02468
赤レンガの内部は見学できませんが、すこしばかり覗ける場所がありました。
雰囲気があっていいですねぇ。
DSC02461
次にグラウンドと、戦艦「陸奥」の主砲です。
主砲と聞くと、最近横須賀に帰還した主砲を思い出しますが、こちらにあるのは砲台です。
半端ないですね。
グラウンドでは、海自の方々が手旗信号の訓練、陸自?か海自の陸上部隊の人が匍匐訓練してました。
IMG_6169
戦艦「陸奥」の41cm主砲台。
このように砲台がそのまま現存しているのは非常に珍しいですね。
かなり遠い場所から見学したんですが、それでも大きさが分かります。
さすが、海自の施設です。
レアなものがゴロゴロ転がってる。
IMG_6172 (2)
ちなみにこの奥には桟橋になっているらしいです。
海自としては、こちらの桟橋が表玄関だそうです。
私が入ってきた陸上の門は勝手口だとか。
さすが、海に生きる組織ですね。
ついでに、手信号の練習風景を動画でお送りします。
かなり遠めなので、分かりずらいですがかなりきつそう?
青い服着た方々が必死で旗を振っていました。
IMG_6178 (2)
続いて訪れたのが、教育参考館です。
昭和11年に建築されたこの建物。
ギリシャ神殿風の鉄筋コンクリート造の2階建てだそうです。
戦前には40,000点の歴史的資料が保存されていたそうですが、終戦時に一部の資料を厳島神社などに奉納、他は進駐軍の没収を恐れ、焼却処分してしまったそうです。
現在は、16,000点を保存しており、そのうち1,000点を展示しているそうです。
教育参考館内では、写真、動画撮影が禁止されているため、画像等はありませんのであしからず。
中に入ると、一番最初に飛び込んできたのは、赤絨毯が敷いてある中央階段。
とても立派な階段で、映画のセットのようです。
その階段を登った奥には、東郷平八郎元帥と山本五十六元帥、ネルソン提督の遺髪室があります。
とても厳粛な雰囲気です。
映画の中に入ったのかのような壮大さもあります。
他にも戦死した方々を祀っている場所もありました。
とても、言葉では言い表せない雰囲気です。
さらに様々な貴重な資料が大量に展示してあります。
見学に時間制限があったんですが、とてもじゃないですが全てを見て回る時間がありません。
特に心に残ったのは、若き兵士達の遺書ですね。
とても心に響きました。
現代の薄っぺらい言葉とは比べ物になりません。
これは、実際にその場にいかないと分からないかもしれませんね。
今まで訪れた、どこよりも充実した資料がここにはありました。
外には「甲標的」や「海龍」なども展示されています。
IMG_6179
DSC02473
DSC02482
甲標的。
大日本帝国海軍において最初に開発された特殊潜航艇です。
2本の魚雷を艦首に装備し、水中から発進後、敵艦船を攻撃して戻ってくるというものです。
ディーゼルエレクトリック方式だそうです。
個人的ではありますが、本当に生きて帰ってこれるんですかね・・・?
この中狭そう・・・。
IMG_6192 (2)
IMG_6194 (2)
海龍。
こちらも特殊潜航艇。
甲標的との違いは、特攻が設計段階で考えられていた事。
要は特攻兵器です。
実際には大規模投入されることはなかったそうですが・・・。
IMG_6191
おもむろに、駆逐艦「雪風」の錨も置いてあったり・・・。
あまりにゴロゴロ置いてあるのでびっくりしました。
IMG_6180 (2)
砲弾もあります。
IMG_6190 (2)
徹甲弾。
DSC02478
安式四十口径六吋砲
戦艦「三笠」などの副砲に搭載されていたそうです。
太平洋戦争時には旧式化しており、サイパン島で沿岸砲台として使用されていたそうです。
DSC02480
魚雷もおもむろに置いてあります。
さて、そうこうしているうちに集合時間になってしまいました。
時間が足りない・・・。
これより、来た道を戻ります。
時間的にお昼休みなのか、海自の皆さんがゾロゾロと歩いています。
自転車に乗っている人たちも上官?に対しては、片手で挨拶するんですね。
女性の自衛官も多いですね。
IMG_6198 (2)
帰りがけに、赤レンガ前の朝礼台後ろの木について説明が。
この一本だけ何故か赤いんです。
ここに植えられた理由は謎だそうですが、何か理由がありそうですねぇ。
IMG_6199
そして、江田島クラブに戻ってきて見学は終了です。
この後は、江田島クラブ内を自由行動できるとのこと。
なので、せっかく来たので呉の海軍カレーを食すことに。
2017-06-29-12-06-48
海軍カレー¥600
安い!!
どこぞの観光地よりも圧倒的に良心的。
どうやら海自の方々も普通に利用しているみたいなので、社員食堂も兼ねているみたいですね。
まろやかで美味しい。
海自カレーも食べてみたかったなぁ。
お腹も膨れたので、帰りがけに校内のコンビニへ。
休憩中の海自の方々がベンチで一心不乱に携帯を弄っていました。
入っているコンビニは「ポプラ」なんですね。
さすが、広島。
せっかくなので、ポプラでアイスを購入。
image
このレシート、いい記念になりました。
無番地って。
いや、自宅の近所にもありますけど。
さて、車に戻ります。
先に、守衛さん処へ行って退出時間を記入。
近くに戦艦「比叡」の錨があったのでパシャリ。
2017-06-29-12-42-52
本当に至る所に、歴史的資料が転がっています。
車に戻ると、ロードスターはいなくなっていました。
残念、オーナーさんに話しかけてみたかった。
IMG_6217 (2)
せっかくなので、大講堂とアクセラのツーショットを撮影。
こんなショットは多分、一生無いでしょうねぇ。
いい記念になった。
いやぁ、ここは最高の場所でした。
ひたすらテンションが上がりっぱなし。
旧海軍、海自好きの方や歴史を知りたい方はぜひおすすめです。
というか、必ず行かなければいけない必須科目ですね。
訪れたことのない方はぜひ。
昨日のテンションと雲泥の差です。
きてよかったぁ~。
車に戻ると車内は、蒸し風呂状態・・・・。
太陽が出てきて、気温がグングン上がってます。
車内を冷やしつつ、次の目的地をセット。
本来は出雲へ向かうんですが、呉に来たらどうしても立ち寄りたい場所がありました。
そこは「呉海軍墓地」です。

4日目②はこちら→アクセラと行く!西日本旅行4日目②[呉海軍墓地編]