ぶらり旅のブログ

広島と諏訪と横須賀をこよなく愛する。 それとマツダコネクト。 いろんな所にいって、いろんなことをやってみようと思う。

多摩動物公園へ


IMG_5719 (4)

けものフレンズブームにのっかって、動物園に行きたくなった。
せっかくなので、いったことない動物園へということで、「多摩動物公園」へ。
さらに、アクセラでドライブしたかったので車で行ってきました。
横須賀からひたすら16号線です。
保土ヶ谷バイパスが半端ない混み具合で時間がかかりましたが、それ以外の道路は順調。
大体2時間ちょっとかな?
それぐらいで到着。
近場のコインパーキングに止めて、さっそく園内へ。
IMG_5754 (4)
入場料は大人600円ととても良心的。
この広大でたくさんの動物たちが見れるのにこの値段凄いですね。
TDLやUSJなどと比べてしまうと、なんと素晴らしい娯楽施設だと思います。
園内はとにかく広く、しばらく運動していない私には結構きつそう。
しかも今日は、晴天で非常に日差しが強い日で、入り口の段階ですでに汗が・・・。
気を引き締めていかないと。
まず最初に向かった先は、「サバンナ」ゾーン。
けものフレンズといったらさばんなちほーですからね。
IMG_5721 (2)
インド象がいました。
おおきいですねぇ。ひたすら砂を被っておりました。
象は地上の哺乳類で最大ですが、彼らは遊牧民なんですね。
近くにあったパネルに色々と情報が書かれており、いい勉強になりました。
つづいて、橋の下を覗いている人たちがいたので私も覗いてみると・・・DSC02106
ライオン♀?がぐっすりと眠っていました。
すごく気持ちよさそうですねぇ。
それにしても、ここはライオンは上から見下ろす感じで見学できるんですね。
続いては、サーバルとチーターのエリアへ。
けものフレンズといったら、サーバル!
サーバルといったら、しんざきお兄さん!
しんざきおにいさんがいるといいなぁと思いながら、足を踏み入れるとさっそくサーバルの姿が!
IMG_5726 (2)
IMG_5725 (2)
まったく動いてくれません・・・。
暑いですし、動く必要ないですもんね。しょうがない。
しかも、我々に背を向ける格好で休憩してるもんだから正面がみえない・・・。
とても賢い子たちだなとは思いましたが、ちょっとサービスしてほしい笑
まぁ、動物はいつも気まぐれ、みんな自由に生きている。
そんなもんです、。許しましょう。

DSC02124
次はお隣のチーターの檻へ。
ここでは、親子共演が見られるみたいです。
DSC02128
まあ可愛い。
可愛い中にも流線形のカッコよさも備えていますね。
DSC02127
親チーターは寛ぎながらも、我が子を気にしていました。
いいですね、こういうの。
見ているだけで本当に癒されます。
これだけで一日いけますね。
しかし、チーターの周りにヒトがたくさん集まってきたので退散。
やはり人気ですねぇ。
続いては、チンパンジーエリアへ。
霊長類って私意外と好きなんです。
知能が高いので行動を見てるだけで楽しい。
特に、チンパンジーとオラウータンは本当に知能が高いですよね。
さっそく見てみましょう。
DSC02141
平日の真昼間から何やってるんでしょうね・・・。
毛づくろいしあってまぁ。
見せつけてくれます。
DSC02143
横を見ると、私に似たチンパンジーが。
会社の昼休みって感じがして哀愁が漂いました。
すごく彼に愛着がわきました。
IMG_5735 (4)
チンパンジーエリアには、なんと自動販売機が設置されています。凄いですね・・・。
彼らは普通にこれを使いこなすんでしょうか?
ぜひ見てみたいと思ったんですが、あいにく彼らのやる気はゼロ。
みたかった・・・!
彼らがまったく動く気配を感じさせないので、退散。
私もあんな生活を送りたい。

次に行き着いた場所は、鳥類エリア。
ここには猛禽類などの大型の鳥がたくさんいました。
沢山いたんで、写真撮りたかったんですけど、単焦点レンズしか持ってきていなかったため、檻の網にピントが合ってしまい、ほとんどピンボケ・・・。
カメラの使い方をわかってないとは情けないですね・・・。
ここでは、うまく撮れた写真を上げておきます。
DSC02154
DSC02155
鷹と梟ですね。
鷹さん達は、全く動く気配を感じさせず、まず見つけるのに一苦労でした。
やっぱり、昼下がりはご飯も食べて皆さん、お昼寝タイムなんですね。
梟先輩は、元気に首を動かしていました。
動かしている最中だったので、目がつぶっている途中になってしまいましたが・・・。
梟先輩は可愛いですね。目がパッチリ開いていると本当可愛い。
猛禽類とは思えません。

そして、さらに移動すると小動物のエリア?へ。
カワウソさんがいました。
DSC02162
彼らもお昼寝中です。
みんなで寄り添ってお昼寝は可愛い。
滅茶苦茶癒されます。
男一人で、「かわいい~」って独り言を言ってしまいました。
気持ち悪いですね・・・。
IMG_5740 (4)
続いてはマレーバク。
彼らも暑さにやられてダウン。
しょうがないですよ、今日は滅茶苦茶蒸し暑いですもん・・・・。
マレーバクって意外と大きいですね。
もうちょっと小型化と思ってたんですけど。
そして不思議な毛色です。
IMG_5739 (4)
近くにモグラのおうちがありました。
そこには、かの有名な「モグラ先輩」が!
相変わらず、口調が荒いですが、そこがまたいいですね。
先輩はワイルドかっこいい・・・。
肝心のモグラたちは一匹も発見することができませんでした・・・。

IMG_5744 (3)
次は、カンガルー。
こちらもダウン。
沢山カンガルーいるんですが、皆さん動きません。
写真に写っている子なんて死んだように眠っています。
しょうがないです・・・orz
っとここで、雨が降ってきました。
仕方ないので、ダッシュで屋根のあるコアラの館へ。
このエリアは、コアラの他に夜行性の小動物が展示されていました。
光に弱い子たちなので、カメラは控えておきましたが、モモンガめっちゃ可愛かったですわ。
たまらん。

DSC02216
そして、コアラです。
今日は、1匹のみ展示をしているみたいです。
寂しそうに、上の方をひたすら見ていました。
たまに周りをきょろきょろ。仲間を欲しているんでしょうか?
コアラの館をでると、雨は止んでるみたい。
よかった。
少し歩くと、虎の室内展示が行われていました。
IMG_5746 (2)
けっこう近い・・・・。
滅茶苦茶、おしっこを飛ばしまくってました。
そして、外に出たいのか、写真のように外をのぞくようなしぐさを。
虎でかいですね・・・。
これに襲われたら一溜りもありませんわ。
ちょっと怖かったので、すぐに退散。
次にタスマニアデビルへ。
タスマニアデビルが見られるのは、この多摩動物公園だけらしいですね。
非常に貴重らしいので、見たかったんですが、彼らはとても見つけにくいというか撮影しずらい所でお昼寝中・・・。
肉眼で、すこーし見れましたが、写真は撮れませんでした。
そんなかれらも絶滅危惧種。
この地球上の生態系は今度どうなっていくんでしょうね・・・。
さらに歩いていると、鳥類のフリーウォークエリアを発見。
ここは、鳥たちが放し飼いになっている室内?を自由に歩けるそうです。
これまた面白そう。
DSC02191
入ると、様々な鳥たちが大量にいます。
居過ぎて逆に怖いくらい。
中には、かわいい鳥たちも。
DSC02200
突然道の真ん中に、孔雀が。
滅茶苦茶羽広げてます。
私が通ろうとしてもどいてくれません。
お互い、見つめあいが続くのでせっかくなので写真を撮ると、逃げていきました。
それにしても孔雀の羽は鮮やかで美しいですね。
.RAWで撮影するとその美しさに驚きます。
ここまで鮮やかなのかと。
生命の神秘です。
IMG_5750 (4)
続いて、オオカミエリアへ。
狼たちもぐったりと・・・。
暑いですもん。しかたない。
私もこんなふうにぐったりしたいです。
イヌの共通の祖先と言われているだけあって、特徴がありますね。

次に、ツキノワグマのお食事の時間と聞いて、見に行くことに。
熊は森で見ると怖いですが、動物園の熊さんが可愛いですよね。
私も好きです。
そんな熊さんが、おもちゃに仕掛けられた餌を食べるシーンなんて滅茶苦茶可愛いに決まってます。
これはシャッターチャンスです。
DSC02185
・・・・。
なんちゅう顔して食べているんだ。
パクパク食べた後、必ずこの顔をして上を観ます。
一体彼に何があったんでしょうか??
この生活に嫌気でも指したのか?
アウアウ叫びながらこの顔をする彼をみて、少し悲しくなりました。
DSC02168
DSC02169
熊の近くには、オウムが展示されていました。
檻などなく、さりげなく展示。
逃げないんですかね?
それにしても、色鮮やかですねぇ。

ここら辺になってくると、疲れがMAXに。
この公園は本当に広い&坂道が多い。
いい運動になるんですが、なかなかキツイ。
ちょっと水分補給したいなとおもっていると、ユキヒョウがいました。
DSC02255
凛々しいですね。
彼らも暑さをしのぐためか日陰に隠れてじっとしていました。
それにしても白い。
そして、気性が荒そうです。

なんとか、全て見終えてメインゲートへ。
カフェでソフトクリームを食べつつ休憩。
動物園、本当に良いところですね。
運動できる、勉強できる、貴重な動物が見られる、写真の勉強になる、安い。
ここだけコスパの良い施設はそうそうありません。
TDLやUSJも良いですが、たまにはこういった所に来てみると新しい発見があるかもしれませんね。

記念艦「三笠」へVR体験

横須賀名物、記念艦「三笠」に行って参りました。
地元民なので、何回も来てますが、今回の目的はVR日本海海戦を体験するため!
人がいない、GW明けの平日にいってみました。
IMG_5710 (2)
 あいにくの雨模様。
入場券を買って、いざ艦内へ。
外の見学は後回しで、とりあえずVR体験の場所へ向かいます。
・・・?
あれ?すごい人がいる?
どうやら、修学旅行の集団がいるみたいです・・・。
運が悪い・・・。
しかも、VR体験コーナーのみ大行列。
しかたないので、並びます。 
IMG_5655 (2)
(写真は集団がいなくなった後に撮影)
しかし、列はなぜか女性ばかり。
女子高なんでしょうか?一人でパンケーキ屋さんに並んでる気分です。
気恥ずかしさはありましたが、1人で並ぶのはもう慣れっこ。
無心で並び続けます。
並ぶこと10分。
ようやく、自分の番に。
IMG_5654 (2)
 VR日本海海戦!
さっそくゴーグルをつけます。
しかし、眼鏡が邪魔で入らない・・・・。
小さい眼鏡なら入るみたいですが、私のはふちが大きいため入らず・・・。
しかたなく、裸眼で開始します。
・・・なんか始まってるけど、全体にモザイク掛かっていて何が起こっているのかよくわからん。
目が悪い人が日本海海戦に参加したらどうなるかというVR体験になっちゃいました。
バルチック艦隊など見えるはずもなく、東郷さんもモザイク。
目が悪いと戦えないですね!!
がっくししながら、見ていると途中で フリーズ。
どうやら、故障してしまったみたいです。
スタッフの方に相談して、他の場所でもう一回体験することに。
その時には、修学旅行生たちが一切いなくなっていました。
どうやら、集合時間があるみたいですね。
これはラッキー。
スタッフの方に眼鏡の事のアドバイスをもらい、再チャレンジ。
眼鏡をはずして、ゴーグル内に押し込んで掛ける。
フレームがゆがみそうでしたが、何とか装着。
日本海海戦スタート!
・・・・おぉぉぉ!これはすごい!
本当にそこに居るような臨場感でした。
音も中々音質が良く、臨場感がありました。
360度見られるっていいですね。
飽きることがないです。
充分にVR体験して、満足。
これは、ぜひとも体験して頂きたいですね。
VRを終え、艦内を探索。
DSC02048
 IMG_5652 (2)
DSC02056
艦内には、様々な展示物があります。
どれも貴重な品物ばかり。
歴史に興味がある人やミリタリーに興味がある人には宝の山ですね。
東郷神社にもしっかり参拝しておきました。
DSC02057
 続いて、外側へ。
本当に誰もいません。
雨の平日はいないですよね・・・。
DSC02085
 DSC02059
IMG_5702 (2)
この機銃、ちゃんと動くんです。
金色の部分を回したりすると、ちゃんと銃身の向き変えられます。
こういう細かいギミックが良いですよね。
機銃の窓からは東京湾の無人島「猿島」が見えます。
DSC02062
船首部はこんな感じ。
主砲大きいですね。
主砲の先には、米軍施設があります。
IMG_5688 (2)

DSC02073
 
主砲のどっしり感がたまりません。
DSC02077
IMG_5696 (2)

東郷さんはあそこに立って指揮をしていたんですね。
こうしてみると、とんでもなく危ない所にいたんですね。
IMG_5691 (2)
三笠、かっこいい・・・。
IMG_5678 (2)
ちなみに、三笠ではアニメ「ハイスクール・フリート」とのコラボ企画が開催しておりました。
三笠内の普通のオフィスみたいなところにあったので、驚き。
っていうか、三笠内で普通に会議してるのに驚き。


私のアクセラ

DSC02033中
先日行った、箱根ターンパイクの画像を簡単に編集しました。
拙い編集ですが、個人的には中々気に入っています。
親バカですが、こうしてみると本当にカッコいい。
ほとんど弄っていませんが、それがいい。
魂動デザインをいじくるなんて、私にはセンスがないのでできません。
なんたってマツダのデザインに一目ぼれして購入しましたからね。
私のアクセラには、ADDやアドバンストSCBSなどの先進装備が搭載されていません。
購入当初は、後悔したりと苦しんだ時期がありました。
今は、そんな感情は消え去りました。
今はただ、相棒というか自分の分身というか。
やっと次のステップに移ることができました。
これからは、もっといろいろな場所に行き、ともに笑い、ともに喜びを分かち合えたらと思っています。
 

箱根ターンパイクへふたたび

DSC02029
GWも最終日。
どこか遠出したいなと思って、箱根ターンパイクへいってみました。
主な目的は、写真撮影。
前回行った時もナイスな写真を撮影したんだけど、RAW現像したかったんでリベンジ。
今日の天気は曇りでしたが、富士山がみめました。
ちょっとコントラスト強めにして合成っぽくしてますが、本物です。
休日だから、混んでるかなと思ったんですけど、意外とガラガラ。
これはラッキーということでさっそく写真撮影。
DSC02022
 DSC02031
DSC02027
アクセラもかっこいいですが、富士山とのコラボもまた良いですね。
いつみてもアクセラかっこいい。
RAW現像は良いですね~、編集が自由自在。
編集しているだけで楽しいです。
アクセラのブルーリフレックスマイカは通常の写真で撮ると灰色っぽくなってしまうんですが、RAWで彩度を上げると鮮やかなブルーに。
本当に青空とマッチする色なんです。
ひとしきり、写真撮影を終えターンパイクの休憩所にいくと、ロードスターRF軍団がいました。
声かけてみたいなぁと思ったんですけど、何やらやっているみたいだったので断念。
RFカッコよかったなぁ。
適当に休憩をして退散。
ターンパイクと旧箱根道を走ったが、楽しい!
だいぶ峠道に慣れて楽しさがわかるようになりました。
これもアクセラとの色々な旅路のおかげです。
ありがとう、アクセラ。 

マツダフォントについて

キャプチャ
マツダはフォントにも拘っています。
巷で有名な自社制作のマツダフォントですね。
まずは一番有名な「MAZDAフォント」です。
キャプチャ2
 車名などに使われていますね。
このフォントはRやBの真ん中の付け根が湾曲しているのがこだわりらしいですよ。
キャプチャ3
他にも最近のマツダの公式ホームページでよく使用されている「Interstate」というフォント。
こちらは、マツダオリジナルではないみたいですが、CMなどでも所々で使用されています。
シンプルながらもおしゃれなフォントですね。

他にも
article
 魂動フォントというらしいです。
マツダは本当に色々と拘りますねぇ。
魂動フォント、欲しいなぁ。 

マツダコネクト起動時アニメーションを再度変更

前回はこちら

しばらく前にアニメーションを変更したんですけど、飽きてきたので変更しました。
今回のアニメーションはこちらです。

今回のテーマは「ロードスター」です。
元にした動画たちは海外マツダのCMやプロ―モーションビデオですね。
海外マツダもカッコいいんです。
とくにヨーロッパは素晴らしい。
躍動感ある動画で満足です。
ちなみに実際にマツダコネクトで起動してる映像はこちら。
ちょっと写り方が悪いんで、見えづらいですが実際はかなり高画質で見れます。
これはエンジンをかけるのが楽しくなりますね!


ついでに、壁紙も変更しました。
今回は落ち着いたデザインへ。
私の車が高級車チックになるのは嬉しいものです。
 
マツダコネクト起動時アニメーション変更方法はこちら 

大黒ふ頭へドライブ

GWまっただ中、なにもすることがないので、近場でトライブに。
車を撮影場所で有名な大黒ふ頭へいってきました。
昔、仕事でよく来てたんであまり行く気がしなかったんですが、もう前職の記憶が薄れてきたので行ってみることに。
357号線をひたすら北上して、三渓園のあたりから、大黒ふ頭にいける新しい道を発見。
南本牧と湾岸線が繋がったと同時にこんな道路ができてたんですね!
これで、より大黒へのアクセスがしやすくなりました。
ベイブリッジの下道を走行するのは気持ちいい。
しかも、今日はすごく空いているのでのんびりドライブ。
煽ってくる人がいないって幸せ。
そして、無事所定の場所へ到着。
DSC02011
素晴らしい快晴。
青空が気持ちいいです。
DSC02008
 せっかく来たので、アクセラとベイブリッジを撮影。
青空とブルーリフレックスマイカのアクセラはよく合います。
DSC02013
DSC0200w6

ついつい、アクセラの写真をたくさん撮ってしまいます。
あいかわらずの親バカですね。
アクセラのシグネチャーウイングは正直一番完成されていると思っています。
ナンバープレートが若干邪魔をしてしまっていますが・・・。
プレートがなければ、CX-3に負けないカッコよさ。
やっぱり前期型アクセラは自分の好みにドンピシャです。
前回、Uedaさんにドアロックモードも解除してもらって、より高級車感が増したアクセラ。
ますます好きになりました。 

マツダ アクセラ 自動ドアロックモード解除

IMG_5576 (編集済み)
海外のマツダ車に標準装備されている自動ドアロックモードの解除を行ってもらいました。
この機能は、マツダコネクトを弄っても解除されない機能なので、素人には手が出ないカスタマイズでした。
しかし、偶然にもTwitterで知り合った方が親切にもやって頂けることに。
実際の作業を見てると、とても簡単そうにやっているんですが、中身を覗くとすごいすごい・・・。
色々と勉強になりました!
さっそく動作検証です。
Twitterであげた動作検証動画です。
シフトとドア部分を同時に映したかったんですが、なかなかうまくいかずこのような構図になりました。
この動画のドアロックモードは「ロック/アンロック:シフト連動」です。
Pレンジでドアロック解除、P以外のシフトでドアロックという仕組みになっています。
他にも「ロック:車速、アンロック:電源」もあり、こちらは、時速20kmでドアロックを行い、電源OFFでアンロックされます。
私は、シフト連動モードが一番使いやすいですね。
車速も使いやすいんですが、アンロックの電源がちょっと使いづらい。
アンロックがシフト連動だと嬉しかったんですが、私の初期型アクセラには対応していないみたいです。
それ以降やアテンザなどでは、できるみたいですけどね。
あと、この解除はアクセラ、アテンザ、CX-5でしか行えないそうです。
デミオ、CX-3、ロードスターはできないとのこと。
デミオでできると、より高級感が増し販売増につながるとおもうんですけどねー。
全席オートパワーウインドウなどの細かい機能は、マツダの構造改革ステージ2で行っていくんですかね?
そのために取っておいたとしか思えません。
今後に期待ですね。
IMG_5577
 最後に、作業を行っていただいたUedaさんありがとうございました。
感謝です。
中期型アテンザもなめまわすように見させてもらい、大変満足です。
 

マツダ車の価格比較グラフ(安全装備標準化対応版)

マツダ車を購入している方に見て頂きたいグラフです。
私も購入する時に作っておけばよかったなぁと思います。
こうやってグラフにしてみるとどのグレードが一番お得かわかりやすいですね。
キャプチャ
 ディーゼルとガソリンで分けました。
それぞれ見て頂けるとわかるんですが、Lパッケージ(通称Lパケ)はどの車種もかなりお得です。
アテンザだけは価格差が大きいですが、相武内容を見ると納得するでしょう。
なんたってテンコ盛りです。
また、新型CX-5のお買い得感がよくわかります。
デミオも安全装備標準化で微妙に値上げしましたが、まぁ自動ブレーキが付いてこの値段ならって感じですかね。
CX-3も2.0Lガソリンエンジンが日本に投入予定との噂です。
アクセラとCXー5の間当たりになるでしょうかね?

マツダ 2017年3月期 決算説明会の資料をみて

キャプチャ


マツダ公式ページ 2017年3月期決算説明会資料
http://www.mazda.com/ja/investors/library/presentation/#pre2017

本日28日に発表されました。
業績に関しては、各メディアやニュースなどで取り上げているので割愛します。
ここでは、今後の展望についてみていきましょう。
上記URLにあるプレゼンテーション資料をみてみると、以下のスライドがあります。
キャプチャ
構造改革ステージ2での、具体的な政策ですね。
・2017年後半に北米にクリーンディーゼル投入
・日本にCX-3にガソリンモデル追加
・2.5Tの搭載車種拡大
・CX-8の販売
いままで報道されてきましたが、改めてマツダから正式に発表されました。
私個人的には2.5Tがどの車種に投入してくるのかが気になりますね。
CX-5かCX-8、もしくは大穴でアテンザなんてありえそうな気がします。
やっぱりCX系だと思うんですよねー。
あと、CX-3はやはり2.0Lなんですかね?
気になります。
キャプチャ2
こちらのスライドで気になるのは、販売店舗報奨制度の変更ですね。
次世代店舗拡大の為にさらなるルールを追加していくんですかね。
従来の店舗の人達も、戸惑うでしょう・・・。
キャプチャ3
本社工場と防府工場もフル稼働ですね。
現在、CX-5の生産がかなり遅れているみたいです。
ここからさらに、CX-8など増えていきますから、十分投資してほしいですね。
メキシコ工場がどうなるかは不安ですが・・・。
キャプチャ4
次世代技術コミュニケーション。
2017年秋にスカイアクティブ次世代ガソリンエンジン技術と魂動デザインの次世代VISIONを公表。
これは、非常に気になりますね!
魂動デザインの次世代かぁ、さらにかっこよくなってしまうんでしょうか。
また、マイルドHEVやバッテリーEV(レンジエクステンダー)も気になります。
最近、北米で特許取得したという噂もありますね。
クリーンディーゼルだけでなく、EV分野でも他社と違った道をいくマツダは良いですね~。
また、マツダの自動運転技術「CO-PILOTコンセプト」。
COPILOTとは副操縦手、運転助手などの意味です。
マツダらしい人間中心の考え方ですね。
こちらも2020年あたりには公表されるみたいなのです非常に楽しみです!
ただ、マツダコネクトについては何一つ記述がないのが悲しいですね。
第7世代発表時には、マツダコネクトの今後についても触れてもらえると嬉しいです。


記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ